東京ではほぼ必須の幼稚園受験

幼稚園と一言で言っても、その内容は様々です。先生やカリキュラムはもちろん注目するべき点です。預ける親にとって大事になってくるのが、お弁当かどうか、延長保育はあるか、送迎はどうするかです。共働で幼稚園となれば時間に余裕が無いのが普通で、給食と送迎があれば朝の時間短縮に、延長保育が使えれば勤務時間を延ばすことができます。特に東京では幼稚園の数も多く、条件の揃った園も多くあります。が、当然人気が高く、受験が必須です。私立受験と聞くとハードルが高く感じますが、以上のような理由から非常に身近な物となっているのが実情です。早めの情報収集が必要で、人気の高い園では「子供が生まれた時点で予約を入れてもすでにキャンセル待ち」という事態もあります。東京で納得できる園生活を送るためには、情報収集と受験が必要不可欠と言っても過言ではありません。

東京の幼稚園の受験は加熱しています。

東京の幼稚園の受験は、他の都市に比べてかなり加熱しています。どこよりも競争率の高い受験となっています。なので、ここで有名な私立に入れば、あとは安泰という状態です。それほどステイタスのある物です。ここに入るためには、かなりその前に勉強は必要になってきます。出来れば、特技のようなものがあれば猶更よくなります。挨拶や、集団での行動などをみることになります。そして、親の面接も大事になってきます。どういった教育方針で育てているのかということもあります。そういうことも重視しています。私学であれば、このままエスカレーターで大学までいけるシステムのところもあります。そうなると、子供にはこれから受験を経験させる必要もないので、自由に好きな勉強をすることが出来ます。そういう利点があるので、加熱する人気は止まらないです。

東京での幼稚園のお受験

東京では幼稚園のお受験は、かなりヒートアップしています。有名なところは、こぞってみんなが入りたがっているところです。そういうところはエスカレーター式になっているところや、小学校まで続いて、そのあとは、受験していくというところもあります。有名大学にいくためには、ここに行っておくほうが、後の試験に有利という考え方もあります。私立がメインであり、子供の面接だけでなくて、親の面接も重要視されます。そういう意味では親も試験を受ける気持ちでないと、受かることは出来ないです。親も子供と一緒に、受験対策の塾にいって、ある程度心得をえておく必要があります。受かるためには、その学校独自のテストになってくるので、それに対応した対策を打っていく必要が出てきます。そういう準備は結構早くから進めておくと、この難関にも乗り切っていけます。