東京の幼稚園の受験で子供にされる質問

テレビ番組などでかわいい子供がいるとレポーターが声をかけることがあります。たいていはお母さんと一緒にいて、子供に年齢を聞くと恥ずかしがる子、元気よく答える子、お母さんに促されてやっと答える子がいます。それぞれの性格なのでいろいろなパターンがあります。東京の幼稚園の受験の時に子供にされる質問を知っておくほうが良いとされています。年齢は聞かれることがあります。生年月日であったり名前も基本的な質問です。それ以外に重要な質問に住所と電話番号があります。これを答えるのは難しいです。近所の幼稚園であれば問題はありません。しかし離れているところであれば自分の住所がわからないと困ることもあります。単に知識を問うために効いているわけではなく、子供や親のための質問になります。日ごろから住所や電話番号をきちんと言えるようにしておきます。

東京の幼稚園の受験で兄弟げんかを聞かれたとき

夫婦であれば夫婦げんかをします。親子なら親子げんかになるでしょう。兄弟姉妹がいればそれなりにけんかをすることがあるはずです。もちろん仲がいいことが重要です。でもけんかがあることが恥ずかしいことではありません。家庭では一般的なことです。東京の幼稚園の受験をするときには兄弟げんかをすることがあるかと聞かれることがあります。この時は印象を良くしようとしていませんと答えてしまうことがあるかもしれません。それは逆効果です。うそを言っているのではないかと感じられてしまいます。けんかはあって当たり前との前提で質問されます。そのあとにどんな時にするか、けんかをした時に仲直りをどちらからするかなどを聞かれるでしょう。自分が年上の場合、年下の場合でも答え方が変わります。感情をコントロールできるかどうかを見られています。

宗教系の東京の幼稚園の受験をする場合の制限

日本では仏教を信仰している人が多いようです。自分自身が進行していなくても家が代々ある宗教を信仰しているときは宗教行事はそれに準ずることがあります。世界ではそれぞれが一定の宗教を持つようですが、日本では個々では無宗教の人が多いです。東京の幼稚園には特定の宗教が母体になっているところがあります。受験をするときにはその宗派の信仰者でないといけないかどうかです。制限があれば受けることができません。競争率が高いところでも宗教系の園はよくあります。ある有名な園の場合は特に制限を設けていないとしています。ただし入園してからはそれなりに行事の中で宗教的な儀式が出てきます。子供もそれに参加しますし親もそれに参加することになります。別の宗教を信仰しているのに不具合がない状態にしておく必要があるでしょう。信仰を変える必要まではありません。